• TAXI

勤務の時間

タクシー

隔日勤務とは

隔日勤務という言葉を聞いたことがあるという方は真っ先にタクシードライバーや消防士、警察官といった職業を思い浮かべるでしょう。
イメージ的には多くの方が夜遅くまで勤務する仕事というイメージの仕事だと思っているでしょうが、実際には少しだけ違います。
ここでは、隔日勤務をしっかりと理解してもらうために分かりやすく隔日勤務を紹介していきます。
隔日勤務は休日と勤務が交互に来るようになっていて、1日の勤務時間が長くなっているのが特徴です。
タクシードライバーの勤務日は勤務時間が16時間ほどで、休憩は3時間程度となっています。そのため、とても長い時間働く事になりますが、勤務日の次の日はお休みとなっているので休みは安定しています。
長時間の勤務であるタクシードライバーは身体を壊しやすいと言われている隔日勤務ですが、勤務翌日はしっかりと休める様になっているので身体を壊しやすいという事もありません。
この勤務体系は多くのタクシードライバー求人があるので、早く仕事をしたいと考える場合はこの隔日勤務を希望すると良いでしょう。

昼勤・夜勤

昼勤と夜勤は基本的には平日の昼だけの勤務。夜だけの勤務となっているのが昼勤・夜勤です。
週5勤務が基本で、昼だけ、夜だけと決められている勤務形態となっています。
昼勤の場合は、昼だけの出勤なので規則正しい生活を送りながら働く事が出来るようになっています。
家族との時間を大切にしたい方、週末は毎回お休みなので休日をしっかりと摂ることが出来るのが特徴です。
隔日勤務よりも求人が少ないので、求人に応募したからと言って必ずしも雇ってもらえるという訳ではないので注意しましょう。
求人情報をいち早く確認して資格なども所持しておく事が必要な場合があるのでしっかりと勉強しておきましょう。
夜勤の場合は平日の夜だけの勤務となっています。基本的には深夜料金で3割増の金額でお客さんを乗せる事が出来るので、昼勤よりも稼げる傾向にあります。
しかし、夜の勤務となるので体力に自信のある方や、夜型の生活に慣れている方向けのお仕事です。
この場合も隔日勤務よりも求人が少ないので競争率が高い求人となっている場合が高いので勤務経験のある方や資格保持者が有利な求人となっています。
どうしても昼勤夜勤を希望する場合は理由などをはっきりさせておくか、何社か応募すると良いでしょう。

定時制の勤務形態

タクシードライバーにもパートが存在しています。
定時制の歩合制の場合も賃金は隔日勤務とあまり変わりはありません。
しかし、タクシードライバーといってもパート勤務なので社員とは受けられる保障などがなどが変わってきます。
募集は多くの場合は定年退職を迎えた方が対象となっていて、年金を受給しながらタクシードライバーとして働く場合は体力的にも考慮されて定時制の勤務形態になるのです。
最近では定年退職を迎えた方の積極的にタクシードライバーとして働く事が出来るようになっているのです。
求人もあまり多く募集されている訳ではないので働ける人数には限りがあるとう事を覚えておきましょう。