• TAXI

仕事内容とは

女性客

朝の点検

タクシードライバーは出勤してからまず行なうのは自分が運転する車の点検を行なうことを義務付けられています。
なぜなら、多くの方が利用するタクシーが整備不良などでの事故を防ぐためとなっているからです。
事故を防ぐ事はお客様の安全を守ることはもちろんですが、運転手自身の身を守る事にも繋がるので点検をしっかりとする必要があるのです。
そのために朝の点検は必ず行なう重要な仕事となっているのです。
命を守るためのものなのでしっかりと点検を行ない自分の身とお客様の安全を守りましょう。

お客様を乗せる

タクシーの運転手の仕事の主体はお客様を目的地まで乗せる事となっています。
しかし、いつまでもお客様を探して車を走らせるのは運転手側に疲れが溜まってしまうので、多くのタクシー会社は求人の際にも適度な休憩を取る事をしっかりとアピールしています。
タクシー会社が求人を求める際にも多くの方が求人を見て働きたいと思ってくれるように様々な工夫がされています。
例えば、タクシー運転手が流しの営業がしやすいように情報共有をしているという事をアピールするということも求人サイトで行なう事ができるようになっているのです。
このような情報共有が出来るような体制であれば多くのお客様を集める事が出来るので売上的にもかなりよく給料も良い会社が多いのです。
最近では、求人サイトを見ただけで仕事の内容が分かるようになっているので働きたいと考えている側への考慮もされています。
これは、早く仕事の内容を理解してもらおうとした工夫なので積極的に仕事内容を調べておきましょう。

帰庫点検と売上の入金

1日の仕事が終わる際には帰庫点検をすることが義務付けられています。
なぜなら、業務中にアルコールを摂取して運転をしていないかのチェックなども重要な事だからです。
帰庫する際に車両の方もしっかりと点検を行ない、明日の業務もしっかりと行なえるように準備しておきましょう。
このようなチェックが終わったら1日の売上を会社側に報告し入金したら業務は終了となります。
求人誌やサイトなどにも業務については詳しく書かれていることが多いのでしっかりと確認しておきましょう。